投資で貯蓄

長期取引に向くのは…

FXを始めて、まず最初に悩むのは短期取引と長期取引のどちらが良いのか? という事ですよね。どちらも一長一短があるので単純には比較できませんが、もし初心者で取引に自信がないなら、最低枚数での長期投資が良いと思います。それも出来るだけ米ドル/円にして、殺人通貨と呼ばれるポンド/円など値動きが激しい通過には絶対に手を出さない事です。
そして取引を始めて数週間から最長でも一か月で損切なりポジションを持続するか判断するべきです。ここまで来る前に損切ラインに到達したら、必ず処分をする事です。これが出来れば、長期投資が絶対に良いでしょう。

 

短期取引に向くのは…

次に短期取引は数秒から数分で決済するスキャルピングや、最長でも数日程度でポジションを処分するのが短期取引です。私は主にこれをしていますが、これは取引を重ねるごと損切が多くなり、結果的に負けるパターンと嵌ります。手法が確立して、FXに自信があるなら良いですが、出来るだけ控えるのが賢明かもしれません。
敢えていうなら、長期投資で損切ができない人やナンピン癖が直らないなら、短期取引が良いです。しかし、そんな人はそもそもFXには向いていない事になります。短期取引はスワップポイントの恩恵もなく、また平日はサラリーマンとして働いている人は相場がとても気になり、仕事どころではないですよね。メリットもありますが、デメリットも多いのが短期取引です。

 

まとめ

私見として長期取引がおススメとなりますが、もちろん短期取引が良い人も多いでしょう。特にスキャルピングを極めて絶対的な自信があるなら、それは短期取引が絶対に良いです。スキャルほど爆発的に短期間でお金を増やせるのは、他の投資にはない絶対のメリットです。これがあるから、FXを始めている人も多いですよね。
また、経済指標発表時などは本当にテレビゲームのようにチャートも動くので、その興奮があって大金を掛けてしまう人の気持ちも理解できます。しかし、投資だと思って気長にお金を増やそうと思うなら、そこをグッと抑えて長期投資が良いと思います。FXが難しい投資というのをきちんと理解したなら、短期投資を何度も繰り返すよりも長期で焦らずに、少しずつ投資を学びながら数年から10年程度を目標に行うべきです。